スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ミキシングビルド 1/72ガンタンク RMV-1
[No.2] 2012-03-25 Sun 23:06
2010年11月 キャノンコンペ用に作成したガンタンクRMV-1です。
1/72程度のサイズなので大きめです。

1/35 UCHGシリーズの61式戦車を大胆に使ってのミキシングビルド、
その他カンプラもあちこちに使ってます。

前から作りたかったのですが、下半身の戦車部分がどうにもならず、
すっかりあきらめていたところ、キャノンコンペの時期と61式の発売が
うまい具合にマッチしていっちょ作りますか!となりました。

とはいえ、戦車をベースにスクラッチするのは思ったより大変で、
締切り間際の工作は冷や汗もんでした。

さて、そのRMV-1、イメージは近藤版です。
近藤版というとギラドーガとかZとか独特のバランスMSが有名ですが、
オリジナルのRMV-1とRX-75とAFVをうまいことミックスして
スタイリッシュにReデザインした近藤版らしからぬデザインです。

このかっちりしたデザインだと、61式しかない、と
いうのも納得してもらえるのではないでしょうか?

rmv1_1.jpg
canon_1107a.jpg

rmv1_2.jpg
canon_1107b.jpg

RX-75のキャノンは低反動ですが、
このRMV-1はズゴーンと後ろにスライドするタイプで
これもまたかっこいいポイントです。
cano_back.jpg

塗装は、RMV-1がマイナー機体ってこともあり、
ガンタンクに見えないと困るので、設定どおりトリコロールです。

RMV1_01.jpg
RMV1_02.jpg
RMV1_3.jpg
RMV1_4.jpg
RMV1_5.jpg
RMV1_6.jpg
RMV1_7.jpg
RMV1_8.jpg
RMV1_9.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 1/72 ガンタンク | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
エルメス
[No.1] 2012-03-21 Wed 21:36
2011年9月のみちもで用に作成しました。

近藤版エルメスをイメージして、羽と角を大型化&女性っぽいラインに。

メガ粒子砲はRX78のシールドで防御できるレベルでしたので弱々しく、
またボディ表面をスライドする意匠に変更しました。

ビットコンテナ部側面のダクト状ディティールを放熱フィン形状に変更、
後面のビットが出入りする穴を開口、プラパイプで中が見えないようにしてます。

ボディ表面は、一旦筋彫りを埋めて表面を磨いた後、オリジナルの筋彫りを追加。
このキット製作で、自分なりに安定した筋彫り方法を見つけたんですよ。


現在の僕の筋彫りスタンダードは、

 ・けがき針(ハセガワ、トライツール) 約10回
  ↓
 ・Pカッター 3回
  ↓
 ・ラインチゼル(クレオス、一番細いもの)

Pカッターは、溝がV字で削りすぎるとドンドン太くなるので回数は3回まで、
けがき針からラインチゼルにいきなり移行するには寸法があわないので
若干幅を広げるために使ってます。

ラインチゼルは、筋彫りの始点・終点・交点、角度をつけて曲げる場合に
きっちり掘り込むために使ってます。




塗装は、黒ベースにクレオスのクリスタルカラー、クリアでトップコートして軽く磨いてあります。
グロス塗装、たまにはよいですね。

デカールは、ダブルオーデザイナーズデカール セラビィー用より。

E01.jpg
E02.jpg
E03.jpg
E04.jpg
E05.jpg
別窓 | 1/550 エルメス | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Model Y |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。